解体工事もしっかり準備から|スムーズ快適作業は対策から

解体途中の建築物

考察と対応

解体工事における業者選びについての考察

解体工事の対象になる建物は色んなものがあり、規模によって業者を選ぶことです。小規模の解体工事、例えば500万円以下の工事などは、基本的にどの土建業種でも成立するとのことですが、500万円以上の大型工事になると建設業(解体業)の許可証が必要といったことのようです。また500万以上の大型工事の場合も、敷地面積が80平方メートル以下であれば、通常通り、許可証は必要ないとのことです。また万が一のことを考えると、損害賠償保険などに加入している業者を選ぶべきと言えるでしょう。仮に損害賠償保険に入らず、許可証も取得していないような業者は信頼性に欠ける点で、積極的に選ぶことは避けるべきと言えるでしょう。

説明段階での相手の対応を見ておくこと

解体工事をお願いする業者とは、事前にマニフェストを確認させてもらったり、工事日程や料金の相談をしたりなど、説明を求める機会がありますが、その際の相手の対応はしっかりと見ておくと良いでしょう。マニフェストの扱い方や、こちらの質問への対応が杜撰だと感じる場合は、それとなく他の業者へと変更することを考えた方が良いでしょう。またマイホーム解体について、家を建てたときのハウスメーカーに頼みなおすことも出来ますが、費用削減を考えると、建築と解体とは分離した方が良いようです。ハウスメーカーを介さないことで、余計な費用を削減できるということのようです。今はインターネットで情報収集が楽に出来る時代ですので、新築や、建て替えの際にも、工務店にまかせっきりにせずに、自分たちで細かいところを決めていくようなスタイルが、コストや満足度という点において優秀かもしれません。