解体工事もしっかり準備から|スムーズ快適作業は対策から

解体途中の建築物

解体の対策

意外な問題点について

家を解体する場合、気を付けなければならないことは何でしょうか。これは家を建築する時にも言えることですが、面倒なのは近所からのクレームがあった場合です。田舎などの人と人の親密な繋がりがあるとこではあまり考えられませんが、都会のようにあまり近隣の住人同士につながりがない場合は解体工事の際のちょっとした物音や振動でもあっという間に苦情が発生してしまいます。そこで、解体工事によくあるクレームとはどのようなものでしょうか。まずは、振動に関するクレームです。解体工事はすべて手作業で行うこともありますが、可能であれば重機を使って解体工事をします。そのほうが時間もお金もかからず、業者にとっても施主にとっても効率的だからです。

トラブルとその対策について

重機を使うとどうしても振動や音が出ます。その振動や音で寝ることができないというクレームがよくあるのです。解体工事は時間帯が決められており早朝や夜の時間帯は行ってはいけないことになっていますが、最近は夜勤で昼間寝る人もいるため、なかなか難しい問題です。また、粉じんが舞い上がるため、洗濯物に粉じんが付いたというクレームもあります。これに関しては水を撒くことで解決できますが、それでもなお粉じんが舞い上がる場合には、より水を多めに撒くなどして対応するしかありません。また、風の強い日には細心の注意を払うなどの配慮は必要になります。これらのトラブルを完全に防ぐのは難しいですが、防げるものは防ぐように解体時には細かな配慮をするべきです。